カテゴリー別アーカイブ: tiida

耐震補強・実施設計 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強設計

筋交い補強工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強大田区耐震助成金を利用した、H邸の補強実施設計です。

H邸は耐震診断により、評点1.0以下が確認出来たため、大田区の耐震助成制度を利用し、補強設計を行います。

補強計画を元に、工事見積用の実施設計図を作成します。補強設計の基本的な考え方は、「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を利用し、現状にあった図面を作成します。図面を元に再度現地調査を行い、設計内容の補正を加えて行きます。クライアントとの打合せによりリフォーム工事やリノベーション工事を絡める場合もあります。今回は屋根の葺き替えとトイレの内装リフォームを同時に行う事になりました。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その弱点を補うため、東側のサッシュを撤去し、新たに耐震壁をつくっています。計画段階では基礎補強を検討しましたが、予算の関係上難しく、クライアントと相談し、上部構造のみの補強とする事にしました。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




広告

耐震補強計画 大田区耐震助成金を利用したH邸耐震補強設計

大田区耐震助成金を利用した、H邸の補強計画です。

耐震診断により、評点1.0以下が確認出来たため、大田区の耐震助成制度を利用し、補強設計を行います。

耐震診断の結果から「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を使って補強計画を検討します。耐

私の事務所では、耐震診断ソフト「耐震診断Proホームズ君」を使用しています。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その弱点を補うため、東側のサッシュを撤去し、新たに耐震壁をつくっています。その他の部分も補強し、評点が1.0をを上回る計画を検討しました。目標とする評点はクライアントと相談して決めます。工事場所と工事予算すり合わせながら検討して行きます。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




大森 鷲神社

大森の駅近くにある鷲神社
鷲神社縁起由来より
鎮座地:東京都大田区大森北一丁目十五番十二号
御祭神:日本武尊をおまつりそてあります。
由緒:古来よりこの地に祭られて日本武尊が戦勝を祈願されたと伝えられる処から、武運、開運、商売繁昌の神として多数の方が信仰を集めて居ます。
熊手縁起:鷲神社のお守札を結んだ縁起の熊手は、之を求められた方に財宝が集まり、幸福を招来すると云い伝えられた真に有り難い神器でありますから、毎年新しく御受け頂いて、家庭内の神聖な場所に掲げてください。
祭事:毎年十一月の酉の日に祭礼が行われます。
所コウ酉の市と呼ばれ多数の御参詣人で賑わい、神社では恒例の縁起熊が頒布され、数百の露店縁日が沿道に並んで酉の市の雰囲気がかもし出されます。
社殿:元治元年十一月(千八百六十四年)再建と古文書にあり、その後、数回の修理改築を繰り返して戦災後に建造された現在の社殿は昭和二十八年十月完成したものである。尚、明治十年の記録には境内に蒼稲魂命を祭神とする末社があったとされる。

耐震診断評価 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震診断 

大田区耐震助成金を利用した、H邸の耐震診断です。

今回調査するのは木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。

大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断を行います。

耐震性に問題があれば助成金を利用し耐震補強設計、補強工事を行う予定です。

現地調査の結果から「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を使って耐震診断を行います。

評点1.0以下であれば耐震補強の必要があります。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その結果評点が1.0を下回り、耐震補強へ進む事になりました。耐震補強に関しても大田区の助成金を利用する予定です。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。


現地調査 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震診断

大田区耐震助成金を利用した、H邸の耐震診断です。

今回調査するのは木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。

大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断を行います。

耐震性に問題があれば助成金を利用し耐震補強設計、補強工事を行う予定です。

まず大切なのは丁寧な現地調査です。

外部調査、内部調査をします。今回は新築時の図面が無いため間取りから調査します。

調査項目は、内外装の仕上材の調査、基礎の鉄筋有無、建物の傾き、床下天井裏の調査その他諸々。耐震診断は原則非破壊調査で現地を確認します。床下や天井裏は点検口から確認します。

部分調査の範囲ですが、耐震性に影響のある劣化は無く一安心です。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




大井大森のブログを運営する、ティーダアソシエイツ

地元である大井町、大森を中心に品川区と大田区を紹介する「大井大森のブログ」を運営しています。私たちは品川区、大田区を中心に活動する、建築設計事務所 Tiida Associates です。

大井大森のブログを運営する、ティーダアソシエイツ の続きを読む