解体工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強 

大田区耐震助成金を利用した、H邸耐震補強工事の解体工事です。

今回補強する建物は、木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。

大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断、耐震補強設計、補強工事を行います。

まず大切なのは解体工事です。耐震診断と設計の時に部分調査した内容を元に補強設計をしていますが、実際に実行出来るかの現場確認をします。

耐震壁をつくるために、床、壁、天井を解体します。採用する工法によっては壁の解体だけですむ場合も有ります。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。



今週末の18日は二の酉です。大森・鷲神社 平成29年

今週末は二の酉です。
今年(平成29年)は三の酉まで。
11月6日(月):一の酉
11月18日(土):二の酉
11月30日(木):三の酉




耐震補強・実施設計 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強設計

筋交い補強工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強大田区耐震助成金を利用した、H邸の補強実施設計です。

H邸は耐震診断により、評点1.0以下が確認出来たため、大田区の耐震助成制度を利用し、補強設計を行います。

補強計画を元に、工事見積用の実施設計図を作成します。補強設計の基本的な考え方は、「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を利用し、現状にあった図面を作成します。図面を元に再度現地調査を行い、設計内容の補正を加えて行きます。クライアントとの打合せによりリフォーム工事やリノベーション工事を絡める場合もあります。今回は屋根の葺き替えとトイレの内装リフォームを同時に行う事になりました。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その弱点を補うため、東側のサッシュを撤去し、新たに耐震壁をつくっています。計画段階では基礎補強を検討しましたが、予算の関係上難しく、クライアントと相談し、上部構造のみの補強とする事にしました。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




池上は今日も大忙し わフェスとフリーマーケット 平成29年

池上は今日も 大忙し わフェスとフリーマーケット 平成29年

本門寺では「わフェス」。ドライフルーツ入りの羊羹ゲットしました。
商店街ではフリーマーケットです。

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




一の酉行ってきました 大森・鷲神社 平成29年

今日は一の酉、行ってきました。
アーケード街(ミルパ)から鷲神社まで、屋台が並んでいます。
屋台とは別に、飲み屋さんの前に、酒蔵さんが出店。
美味しいお酒を頂きました。
晩御飯はドネルケバブ。
今年(平成29年)は三の酉まで。
11月6日(月):一の酉
11月18日(土):二の酉
11月30日(木):三の酉

今日は一の酉 大森・鷲神社 平成29年

今日は一の酉です。
朝から、アーケード街(ミルパ)で、屋台の準備が始まっていました。
夜には、アーケード街は屋台でびっしり。鷲神社のまわりも屋台で埋め尽くすされます。
今年(平成29年)は三の酉まで。
11月6日(月):一の酉
11月18日(土):二の酉
11月30日(木):三の酉

明日、11月30日は三の酉です。 大森・鷲神社 平成29年

三の酉は11月30日です。 大森・鷲神社 平成29年

今日11月18日は二の酉です。 大森・鷲神社 平成29年

今週末の18日は二の酉です。 大森・鷲神社 平成29年
いよいよ今夜零時から一の酉 大森・鷲神社 平成29年

11月6日は一の酉 大森 鷲神社

大森鷲神社 平成29年 今年は三の酉まであります。

酉の市の準備始まっています!!巫女さん募集中。

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




いよいよ今夜零時から一の酉 大森・鷲神社 平成29年

いよいよ今夜零時から一の酉です。
熊手の初売りが始まります。先着五十名には縁起熊手が!!
私も毎年、ここで熊手を買っています。
今年(平成29年)は三の酉まで。
11月6日(月):一の酉
11月18日(土):二の酉
11月30日(木):三の酉




耐震補強計画 大田区耐震助成金を利用したH邸耐震補強設計

大田区耐震助成金を利用した、H邸の補強計画です。

耐震診断により、評点1.0以下が確認出来たため、大田区の耐震助成制度を利用し、補強設計を行います。

耐震診断の結果から「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を使って補強計画を検討します。耐

私の事務所では、耐震診断ソフト「耐震診断Proホームズ君」を使用しています。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その弱点を補うため、東側のサッシュを撤去し、新たに耐震壁をつくっています。その他の部分も補強し、評点が1.0をを上回る計画を検討しました。目標とする評点はクライアントと相談して決めます。工事場所と工事予算すり合わせながら検討して行きます。

画像にカーソルを当てると解説が表示されます。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事、基礎補強工事、軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事、構造用合板補強工事、

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

建築 × 耐震 ×リノベーション

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。




大森 鷲神社

大森の駅近くにある鷲神社
鷲神社縁起由来より
鎮座地:東京都大田区大森北一丁目十五番十二号
御祭神:日本武尊をおまつりそてあります。
由緒:古来よりこの地に祭られて日本武尊が戦勝を祈願されたと伝えられる処から、武運、開運、商売繁昌の神として多数の方が信仰を集めて居ます。
熊手縁起:鷲神社のお守札を結んだ縁起の熊手は、之を求められた方に財宝が集まり、幸福を招来すると云い伝えられた真に有り難い神器でありますから、毎年新しく御受け頂いて、家庭内の神聖な場所に掲げてください。
祭事:毎年十一月の酉の日に祭礼が行われます。
所コウ酉の市と呼ばれ多数の御参詣人で賑わい、神社では恒例の縁起熊が頒布され、数百の露店縁日が沿道に並んで酉の市の雰囲気がかもし出されます。
社殿:元治元年十一月(千八百六十四年)再建と古文書にあり、その後、数回の修理改築を繰り返して戦災後に建造された現在の社殿は昭和二十八年十月完成したものである。尚、明治十年の記録には境内に蒼稲魂命を祭神とする末社があったとされる。

11月6日は一の酉 大森・鷲神社 平成29年

11月6日は一の酉です。
大森の鷲神社があるJR大森駅に熊手が飾られました。
今年(平成29年)は三の酉まであります。
11月6日(月):一の酉
11月18日(土):二の酉
11月30日(木):三の酉

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。



大井 鹿島神社

品川区大井にある鹿島神社

住所:品川区大井6-18-36

安和2年(969)の創建で、茨城県鹿嶋神宮より御分霊を勧請、当地に祭られた。

主な行事

中祭 7月19日

大祭 10月第3日曜日

宵祭 大祭の前日

img_1304.jpg

■祀り神:武甕槌之神(たけみかづちのかみ) ※品川観光協会HPより
神格:雷神・剣神・武神・軍神
神徳:殖産興業・豊漁・航海平安・武道守護など
本地仏:十一面観音菩薩立像(伝・運慶作 木造・彩色。像高41cm)

・大和朝廷の守護神・鹿島様は、十握剣をもった武神、剣神、として知られるが、名前からはイカヅチ(雷)の神であることがわかる。
・安和2年(969)の創建。茨城県鹿嶋神宮より御分霊を勧請。
・大井村の総鎮守として親しまれ、交通安全、旅行安全のご利益がある。
・現在の本殿は、昭和6年(1931)に建てられた檜造りのもの。
・本殿右手には文久2年(1862年)に創建された四尺四方の旧本殿も現存する。
・現在の鹿嶋神社は西側の池上通りに面しているが、かつては海の方角、東側を向いており、来迎院と共用していた参道も存在した。この参道は形を変えて今もその姿を残している。
・183年の歴史をもつ大井囃子は、今も引き継がれている。
・例大祭は10月。7月19日は、にんじん祭り。にんじんはかつての大井の名産。

<品川区指定文化財>
・本殿の手前向かって左側にあるタブノキ(1)は、幹囲3m17cm、樹高13m、樹齢は約200年(天然記念物第10号)
・本殿脇の旧本殿の前にあるタブノキ(2)は、幹囲2m50cm、樹高18m、樹齢は約150年(天然記念物第11号)
・アカガシは幹囲2m6cm、樹高6m、樹齢は約200年。上半分は折れて失われているが、順調に生育している。(天然記念物第12号)

例大祭の風景

雨の中、神輿出ました!! 今年の大井鹿島神社 例大祭 平成29年

今年の大井 鹿島神社の例大祭は明日から

大井 鹿島神社の例大祭、今年(平成29年)は10月14日(土)、15日(日)です。もちろん神輿はでます

大井 鹿島神社の例大祭 平成28年

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。